初心者が株式投資で失敗しがちなこと5選!投資家デビュー前の心構え

投資
スポンサーリンク
  • 株式投資を始めたいけど失敗が怖い
  • 株式投資正しい知識って?
  • 株式投資失敗しない方法は?

株式投資をしたいけど失敗が怖くて一歩踏み出せない…というサラリーマンも多いかと思います。

もちろん何も勉強せずにいきなり投資を始めると失敗をします。

しかし、初心者のうちから正しい知識を覚えておけば、例えつまずくことがあっても失敗を回避することもできます。

今回は初心者サラリーマン投資家に向けて、【よくある失敗例やできるだけ失敗を回避する方法】をお伝えしていきます。

株式投資が怖いと思っている人は、この記事を最後まで読めば漠然とした不安から解放されるはずです。

初心者投資家がやりがちな基本的な失敗例5つ

  • いきなり生活資金で投資を始める
  • 特定の銘柄にこだわり過ぎる
  • 損切りができない
  • 欲を出し過ぎる
  • ギャンブル感覚で投資する

株式投資を始める前に、まずはこれらの失敗例の原因をよく理解しておきましょう。

投資資金を生活費から捻出してしまう

投資をはじめるときは、必ず余剰資金から手をつけるのが鉄則です。

もちろん投資は資金が多い方が有利ではあります。

ですが、生活に必要な資金にまで手を出してしまうと、いざという時に首が回らず生活できなくなってしまいます。

特定の銘柄にこだわり過ぎる

選んだ銘柄がどんなに優良であっても、相場や経済の動向によっては株価が下がる場合があります。

特定の銘柄にこだわり過ぎて売却できずにいると、塩漬け状態になってしまいます。

損切りができない

株式投資では自分の期待通りに行くことは稀です。

損失を最小限に抑えるために株を売却する「損切り」が必要な時もあります。

しかし、株を手放すことを決断できず、大きな損失を出してしまう人は少なくありません。

自分の投資プランとよく相談して切るべき時は切るのが良いと思います。

私はこれがいまいちできていなくて多額の含み損を抱えています。

欲を出し過ぎる

保有している銘柄の株価が期待通りに上がったら、売却して利益を確定する必要があります。

しかし、「もっと株価が上がってからの方が…」と、欲を出しすぎるのは危険です。

期待しすぎて売り時を逃すと、株価が下がったときに損をします。

ギャンブル感覚で投資する

私が1番やってはいけないことだと思う項目がこれです。

株価の上がり下がりは運ではなく、過去の推移や経済状況によって予想をするものです。

ギャンブル感覚で株式投資を行うと、大きな損失を出すリスクが高くなるだけです。

投資はギャンブルではありません。投資するお金が1年で倍になるみたいなことは投資ではおきません。

おきてるとしたらそれはギャンブだと思ってます。

失敗しない為には初心者のうちから正しい知識が必要

株式投資で失敗したくない人は、少なくても上記で上げた「初心者の人がやってしまいがちな失敗例」について勉強が必要です。

そうすれば初心者がやりがちな失敗は回避することができます。

株式投資で利益を挙げるには、経験、知識、分析、研究といったスキル必須です。

サラリーマンのような時間のない初心者が、効率よくこれらのスキルを習得するには、初心者向けの株式投資の専門書を読み漁るのがオススメです。

株初心者が必読すべき投資本3選

株式投資で失敗したくない人は、とりあえずここで紹介する3つの本を熟読しておきましょう。

created by Rinker
¥1,430(2024/04/18 02:51:31時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,628(2024/04/18 02:51:31時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥825(2024/04/18 02:51:31時点 楽天市場調べ-詳細)

いずれも株の初心者向けに書かれた本なので、専門用語なども分かりやすく解説されています。

失敗が怖くて一歩踏み出せない…と言う人は、上記の本で予め知識を身につけることから始めましょう。

少なくとも、初心者投資家がやりがちな失敗は回避することができますよ。

まとめ

初心者が株式投資で失敗しがちなことをお伝えしてきました。

いきなり予備知識もなく株式投資を始めてしまうと、必ず失敗して後悔することになります。

  • 余剰資金で投資をせず生活資金に手を出した
  • 1つの銘柄にこだわり過ぎる
  • 損切りができない
  • 欲を出し過ぎる
  • 株式投資をギャンブル感覚でやってしまう

逆に言えば、これらの失敗を回避できる知識があれば、株式投資は怖くありません。

初心者向けの株の専門書でしっかりと予備知識を蓄えてから、株式投資デビューを果たしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました